FC2ブログ

-STORE BLOG-「STORE」のお知らせとか、懐かしいモノ達のお話とか…

CATEGORY「nostalgia*mono」では、街やネットで出会った気になるモノ達(基本的に懐かしいモノ)をご紹介していきます。

今日のmonoは“マッチ”。マッチのインターネットミュージアムです。


●「マッチの世界」とは?
ここは、社団法人 日本燐寸工業会および協同組合 日本マッチラテラルが運営する「マッチ」のミュージアムです。
マッチに関する様々な情報をご覧いただけます。
常設展示コーナーでは、日本燐寸工業会が所蔵する数万点のマッチラベルコレクション「蘭渓文庫(らんけいぶんこ)」の中から、明治時代から戦前までのものを中心に、よりすぐりの作品をたくさんご紹介していきます。
「マッチの世界」より引用

PC上の小窓に気になるニュースやブログなどの最新情報が流れるようにしてあるのですが、何気なくそれに目をやった瞬間『マッチ箱の美をバーチャル鑑賞』というニュースが。すかさずクリック。
こちらのサイトの存在を知ることができました。

 
以前はマッチは古いものに限らずショップやレストランなどデザイン良いもの・そうでないもの…関係なくよく集めていました。
特に古いものほど、あの小さいスペースに詰めこまれたデザインが斬新なもの・ストーリーを感じさせるもの・モダンなもの…楽しいものが多いですよね。
学生時代にデザインを勉強していた事もあって、当時マッチラベルの本まで買ってしまいました。
マッチラベル―明治・大正・昭和・燐票博物館
4397502862マッチラベル―明治・大正・昭和・燐票博物館
下島 正夫

駸々堂出版 1989-09
売り上げランキング : 1,122,616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マッチラベルの本の中身最近は集める事もほとんどなくなり、(お店などに置いてあるサービスマッチ自体見かけなくなりましたよね。)本も長い間見ていませんでしたが、たまたま数日前にパラパラとめくってみたら、やっぱり何回見ても飽きないデザインの数々。
時代やカテゴリーごとに分類して載っているのですが、カフェや有名店の広告など特に好きです。今でも全然色あせていません。モダンなんです。色使いなども勉強になります。


今回ご紹介した「マッチの世界」ではそのたくさんのマッチラベルをWEB上で見ることができます。
カテゴリーごとに20点ずつ見ることができて、ブラウザの更新ボタンを押すと違うマッチラベルがランダムに現れます。
他にも外国のマッチラベルやマッチの歴史・雑学・コラムなどマッチについてのあらゆることがここでわかります。プレゼントコーナーもありましたよ。(既に応募済み♪)

家にあるマッチラベルのなかで面白いものがあったら、またコチラで紹介したいと思います。
「私こんなん持ってる!」とかいう情報もお待ちしています!

◆関連URL◆
マッチの世界・バナー「マッチの世界」バーチャルミュージアム
http://www.match.or.jp/

「マッチ」に関するインターネットミュージアム。マッチの歴史、製造工程はもちろんのこと、明治から戦前にいたる膨大なマッチラベルコレクションがデータベース化されている。社団法人日本燐寸工業会および協同組合日本マッチラテラルが運営。
スポンサーサイト







    

ぶらり美術・博物館 催し物を手軽に検索 - 2005.12.19 Mon 13:16

◆美術館や博物館の情報を集めたサイトは多く存在しているが、

マッチ箱バーチャル博物館 - 2005.12.15 Thu 18:27

NOBON は愛飲家です。普段は100円ライターですが、ゆっくり落ち着いて一服などというときはマッチを使います。雰囲気のせいか一味違うんですよね、これが:)ということで・・・今月オープンしたこのサイトを紹介。【マッチの世界 バーチャルミュージアム】国産マッチ誕生1
copyright © 2005 - 2009 -STORE BLOG- all rights reserved.

SKIN:Babyish-
track feed