FC2ブログ

-STORE BLOG-「STORE」のお知らせとか、懐かしいモノ達のお話とか…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY「nostalgia*mono」では、街やネットで出会った気になるモノ達(基本的に懐かしいモノ)をご紹介していきます。

今日のmonoは“内藤ルネ展”。

本日1/31から美術館「えき」KYOTOで開催されています。
内藤ルネ展

“ロマンティック”よ、永遠に『内藤ルネ展』
 日時: 2008年1月31日(木)→2月17日(日)会期中無休
     午前10時→午後8時
     [最終日は午後5時閉館]
 場所: 美術館「えき」KYOTO

実は招待券が当たっちゃいました!
なので、時間を見つけて行って来たいと思っています。
その折は後日また報告します。
 
内藤ルネ”さんをご存知でしょうか?
内藤ルネさんはヴィヴィッドな色彩で大胆なデフォルメをした少女像を描き、戦前からの叙情画と決別した全く新しいスタイルを生み出したアーティストです。(パンフレットから引用)
ルネパンダは私と同年代の方なら、「見たことある」と言う人もきっと多いはず。
私も数年前までは、おんなの子のイラストや陶器のパンダやおまわりさんの貯金箱のイメージしかなかったのですが、雑誌や、昨年亡くなられた時にテレビなどで特集をされているのを見たりして、もっと多岐にわたってルネワールドを展開されていたのだと言う事を知りました。

私は小さい頃から「カワイイ」とか「おんなの子っぽい」ものが好きではありませんでした(ピンク色などは毛嫌いしていました)。
でも、そんな私にも【少女的イメージ】としてではないところで、アップリケやフエルト人形を作って楽しんでいた時期もあったのです。
イラストの懐かしさを感じさせる、あの時代独特の色使いや雰囲気はとても好きですし、手芸やインテリアの提案もされてきた内藤ルネという人にはとても興味があります。

また、イラストにとどまらず、ファンシーグッズやルネパンダなど、たくさんのアイテムを流行させ、ただカワイイというだけでなく、時代の先端でおんなの子を魅了した内藤ルネさんの世界を味わって来たいと思います。
スポンサーサイト

tags :: レトロ なつかし 内藤ルネ





    
copyright © 2005 - 2009 -STORE BLOG- all rights reserved.

SKIN:Babyish-
track feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。